亀田兄弟いとこ・京之介 新人王獲りへ「優勝して“どんなもんじゃい”と言いたい」

[ 2019年10月12日 05:30 ]

東日本新人王決勝戦発表会に出席した亀田京之介(右)と対戦相手の今成太希
Photo By スポニチ

 プロボクシングの第76回東日本新人王決勝戦(11月3日、後楽園ホール)の発表会が11日、都内で行われ、12階級24選手が勢ぞろいした。亀田3兄弟のいとこ、亀田京之介(21=協栄)はフェザー級決勝で今成太希(22=三迫)と対戦する。

 赤のジャージー姿で登場した京之介は亀田家初となる新人王獲得へ「優勝して“どんなもんじゃい”と言いたい」と必勝を誓った。優勝者は12月22日に行われる全日本新人王決定戦で西軍代表と対戦する。

続きを表示

「ボクシング」特集記事

「WBSSバンタム級トーナメント準決勝 井上尚弥VSエマヌエル・ロドリゲス」特集記事

2019年10月12日のニュース