細川 8回TKO勝ち!8カ月ぶりOPBF王座返り咲き

[ 2019年10月12日 05:30 ]

東洋太平洋ミドル級王座決定戦12回戦   〇細川チャーリー忍 TKO8回1分21秒 太尊康輝● ( 2019年10月11日    後楽園ホール )

<東洋太平洋ミドル級王座決定戦>8回TKO勝ちで新王者となった細川チャーリー忍(左)
Photo By スポニチ

 細川が8カ月ぶりに王座に返り咲きを果たした。

 7月に引き分けた太尊との再戦に8回TKO勝ち。完全決着を目指して予告通りに序盤からプレスを掛け続け、最後は連打で太尊が棒立ちとなったところでレフェリーが試合を止めた。「この階級はみんな強い。ちょっとオレが打たれ強くてパワーもあるだけ」と細川。次は来年1月に日本同級王者の竹迫司登(ワールドスポーツ)と対戦する予定だ。

続きを表示

「ボクシング」特集記事

「WBSSバンタム級トーナメント準決勝 井上尚弥VSエマヌエル・ロドリゲス」特集記事

2019年10月12日のニュース