恒成兄の亮明厳しく「ギアを上げなかったら危なかった」

[ 2019年8月25日 05:00 ]

WBO世界フライ級タイトルマッチ   ○王者・田中恒成 TKO7回2分49秒 同級1位ジョナサン・ゴンサレス● ( 2019年8月24日    名古屋市・武田テバオーシャンアリーナ )

田中恒成の試合を振り返る兄・亮明(撮影・北條 貴史)
Photo By スポニチ

 試合を見守った田中の兄・亮明(25=中京学院大中京高教)は「最初にダウンを奪って、次の回で決めに行くくらいじゃないと。あそこ(7回)でギアを上げなかったら危なかった」と厳しく指摘した。

 弟のサウスポー対策に東京五輪を目指す兄はスパーの相手役を買って出た。元全日本王者の自身は日本連盟からの推薦を受けて11月、鹿児島での全日本選手権を目指す。「一発勝負でやります」と意気込んでいた。

続きを表示

「ボクシング」特集記事

「WBSSバンタム級トーナメント準決勝 井上尚弥VSエマヌエル・ロドリゲス」特集記事

2019年8月25日のニュース