名トレーナーのアダムス氏 村田諒太の次戦「間違いなく勝てると思う」と明言

[ 2019年6月13日 18:18 ]

ケニー・アダムス氏(左)と村田諒太
Photo By スポニチ

 名伯楽が村田の勝利に太鼓判を押した。ボクシングの前WBA世界ミドル級王者で同級4位の村田諒太(33=帝拳)が13日、東京・神楽坂の帝拳ジムで現王者ロブ・ブラント(28=米国)との再戦に向けての練習を公開。9日に来日した88年ソウル五輪の米国代表監督で、プロでも多くの世界王者を育てた名トレーナーのケニー・アダムス氏(78)は「間違いなく村田は勝てると思う」と明言した。

 アダムス氏は「村田のストロングポイントは右ストレート。ただ前回は思った通りに強みである右を打ち込めていなかった」と指摘。「ブラントはフィジカルが強いし、足を使ってくるのでボディーから崩して足を止めることが重要。プレッシャーをかけてパンチを打ち続けることが大事だ」と説いた。その上で「作戦通りにうまくいけば、倒せると思う」とKO勝利に自信を示した。

 帝拳ジムの本田明彦会長は「新しいことをやるわけじゃない。戦略の確認のため」と招へい理由を説明。アダムス氏がブラント陣営のトレーナーと旧知の仲であることから、“揺さぶり”の狙いもあることを明かした。

 村田は「刺激になります。ありがたいことです」と歓迎。「集中しろとか、手を出し続けろとかシンプルなアドバイスが多いけど、明るいし、ネガティブなことを言わない。でも厳しくてオールドスクールな感じがあっていいですね」と話した。試合まで残り1カ月を切り、来週には再び長いラウンドのスパーリングを予定。「来週を乗り切れば、後は調整。追い込めるだけ追い込みたい」と表情を引き締めた。

続きを表示

「ボクシング」特集記事

「WBSSバンタム級トーナメント準決勝 井上尚弥VSエマヌエル・ロドリゲス」特集記事

2019年6月13日のニュース