征矢貴 2年ぶり復帰戦でKO勝ち!最愛の女性の死、難病乗り越え「ただいま!」

[ 2019年6月2日 15:32 ]

RIZIN.16 ( 2019年6月2日    神戸ワールド記念ホール )

 <○征矢―川原●>59キロ契約で、RIZIN初参戦の征矢貴(24=パラエストラ松戸)が1R4分5秒、カウンターの右フックで川原波輝(29=総合格闘技スタジオSTYLE)にKO勝ちした。

 修斗を主戦場としていた征矢は炎症性腸疾患の一つであるクローン病を患った影響などで、この日が約2年ぶりの復帰戦。「全部出して打撃でKOする」の宣言通り、1Rの序盤から積極的に攻めた。1分30秒左のロングフックで倒し、サッカーボールキックも出した。2分50秒にはタックルでテークダウンを奪った。「圧力を感じた」という川原が攻めに転じたところで右フックをヒットさせた。「久しぶりだったけど、伸び伸び動けた。2年ぶりと思えないほど落ち着いていた。やってきたことを全て出せた」とプラン通りに勝利をつかんだ。

 一昨年には婚約者を白血病で亡くし、「やる気が起きない期間もあった」という。だが、ジムに足を運べば一生懸命頑張っている仲間たちがいた。「それで復帰してやろうという気持ちになった」。試合後はリング上から「修斗ファンの皆さん、ただいま」とあいさつ。「つらいときはたくさんあると思うけど、一緒に頑張りましょう」と呼びかけた。

続きを表示

「ボクシング」特集記事

「WBSSバンタム級トーナメント決勝 井上尚弥VSノニト・ドネア」特集記事

2019年6月2日のニュース