RENA 1年4カ月ぶり復活勝!「このリングに戻ってこられてうれしい」計量失敗の悔しさ晴らした

[ 2019年4月21日 19:02 ]

RIZIN.15   ○RENA―ジャン=フランソワ● ( 2019年4月21日    横浜アリーナ )

<RIZIN.15>2回、フランソワを攻めるRENA(上)(撮影・会津 智海)
Photo By スポニチ

 女子51キロ契約で、RENA(27=シーザージム)がサマンサ・ジャン=フランソワ(32=フランス)を3―0の判定で破った。RIZINは17年大みそか以来、1年4カ月ぶりの白星。復活を果たすと安堵(あんど)の表情を浮かべ、リング上で「このリングに戻ってこられてうれしい」と喜んだ。

 両者は昨年大みそかに対戦するはずだったが、RENAが減量中に過度の貧血と脱水症状となり、試合前日にドクターストップを余儀なくされた。「迷惑をかけて申し訳ない気持ちでいっぱいだが、試合を受けてくれたことに感謝している。全て出し切りたいと思う」

 そう誓って臨んだ一戦は、スタンドで有効な打撃を入れられなかったが、2Rにはマウントポジションからパウンド、膝を浴びせて優位に運んだ。3Rもグラウンドでコントロール。腕を決めきることはできなかったが、判定勝ちにつなげた。「本当はスカッと勝ちたかったが難しいことを感じた。寝技でも一本取れるように頑張りたい」とMMAファイターとしてのさらなる進化を誓った。

続きを表示

「ボクシング」特集記事

「WBSSバンタム級トーナメント準決勝 井上尚弥VSエマヌエル・ロドリゲス」特集記事

2019年4月21日のニュース