渡辺華奈 現役軍人に流血判定勝ち!“野獣”からアドバイス「第六感を呼び覚ますと…」

[ 2019年4月21日 17:40 ]

RIZIN.15   ○渡辺―ハバ● ( 2019年4月21日    横浜アリーナ )

<RIZIN.15>2回、ハバを攻める渡辺(右)(撮影・会津 智海)
Photo By スポニチ

 女子57キロ契約で、渡辺華奈(30=FIGHTER’S FLOW)がヤスティナ・ハバ(28=ポーランド)に3―0で判定勝ち。一昨年12月のデビューからの無敗記録を8試合(7勝1分け)に伸ばした。

 現役軍人で国境警備を担うハバから再三、パンチをもらい、2Rは鼻から出血した。3Rも序盤はつかまえきれずに苦しんだが、なんとかグラウンドに持ち込むと、背後からのパウンド、肘でダメージを与えた。

 柔道女子の全日本強化指定選手だった渡辺は試合前、12年ロンドン五輪の柔道女子57キロ級金メダルの松本薫と会い、昔話に花を咲かせた上で「第六感を呼び覚ますというアドバイスをもらった」という。この日は危ない場面がありながら、勝負どころは見逃さずに勝ちきった。

 昨年から求め続けているRIZIN女子中量級のベルト創設。真珠・野沢オークレアを破った相手も退け、しっかりアピールした。

続きを表示

「ボクシング」特集記事

「WBSSバンタム級トーナメント準決勝 井上尚弥VSエマヌエル・ロドリゲス」特集記事

2019年4月21日のニュース