巨人・原監督 ドラ1大勢ら新人3投手はキャンプ1軍スタートの可能性示唆

[ 2022年1月12日 05:00 ]

巨人・原監督
Photo By スポニチ

 巨人・原監督が新人投手の1軍生き残りを期待した。ドラフト1位・大勢(関西国際大)、2位・山田(JR東日本)、3位・赤星(日大)について「即戦力で獲っている」と期待を寄せ「(キャンプ1軍スタートは)そういう選手を望んでいる」と春季キャンプで1軍スタートとなる可能性を示唆した。

 キャンプまでの新人合同自主トレの期間については「背伸びをせずに一歩一歩。どれだけ自分がケツを叩き、奮起するか」と希望。キャンプ、オープン戦で競争を勝ち抜き、新人の3投手が開幕1軍入りとなれば、原政権では初の快挙となる。

 この日は客員教授を務める国際武道大のオンライン講義を実施。「どういう状況であっても前を向く。一歩ずつ進む」と学生たちにメッセージを届けた。(川島 毅洋)

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2022年1月12日のニュース