ヤクルトには離されん!阪神、5連勝で両リーグ最速70勝到達 ロハス・ジュニアが値千金の決勝2ラン

[ 2021年10月6日 21:02 ]

セ・リーグ   阪神2-0DeNA ( 2021年10月6日    横浜 )

<D・神24>4回、2ランを放ったロハス(左)を迎える矢野監督(撮影・島崎忠彦)
Photo By スポニチ

 阪神はロハス・ジュニアの7号2ランで挙げた2点を投手陣が守り切って5連勝。両リーグ最速で70勝に到達し、巨人に勝利した首位・ヤクルトに食らいついた。

 3試合ぶりに先発したロハス・ジュニアは4回1死一塁で大貫のカットボールを捉え、右中間への先制弾。今月2日に再昇格してからの初安打が、値千金の決勝本塁打となった。

 投げては先発・西勇が6回7安打無失点の力投。アルカンタラ、岩崎、スアレスの零封リレーでリードを守り切った。西勇は今季6勝目。

続きを表示

「始球式」特集記事

「新庄剛志」特集記事

2021年10月6日のニュース