巨人・戸郷、一球に泣き2敗目 登録抹消も視野に登板間隔空ける方針

[ 2021年4月25日 05:30 ]

セ・リーグ   巨人3ー6広島 ( 2021年4月24日    東京D )

<巨・広>5回無死一塁、鈴木誠(左)に逆転2点本塁打を浴びる戸郷(撮影・木村 揚輔)
Photo By スポニチ

 巨人の戸郷が一球に泣いた。3―2の5回無死一塁から鈴木誠に逆転2ランを被弾。内角狙いが真ん中に甘く入った。5回途中4失点での2敗目に「先制してもらいながらも粘りきれず悔しい」とうなだれた。

 宮本投手チーフコーチは「ちょっと時間が必要かなと感じる」と調整のため登録抹消も視野に登板間隔を空ける方針。この日、サンチェスが右肩の違和感で登録抹消され代役に平内が浮上するなど、先発陣の整備が必要になってきている。

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2021年4月25日のニュース