楽天・田中将がブルペン33球 石井監督「段階を踏んで登板日を決めればいい」

[ 2021年4月9日 05:30 ]

ブルペンで投球練習する楽天・田中将 (撮影・白鳥 佳樹)
Photo By スポニチ

 右ヒラメ筋損傷で出遅れている楽天の田中将がメットライフドームのブルペンで投球練習を行った。捕手を座らせた状態で変化球も交え33球を投げ込んだ。患部は順調に回復。

 今季初登板の候補は15日のロッテ戦か17日の日本ハム戦で、石井監督は「傾斜を使って強度を上げるステップは順調にきている。段階を踏んで登板日を決めればいい」と話した。

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2021年4月9日のニュース