巨人・梶谷 連日の活躍 8回に同点のタイムリー、前日は満塁弾

[ 2021年3月29日 05:30 ]

セ・リーグ   巨人1―1DeNA ( 2021年3月28日    東京D )

<巨・D>8回、石田(左)から同点の右前適時打を放つ梶谷(撮影・木村 揚輔)
Photo By スポニチ

 前日27日に満塁弾を放った巨人の梶谷が再びバットで貢献した。0―1の8回2死一、二塁。追い込まれながらも石田のフォークを右手一本で右前へ。「何とか追いつきたかったので同点にできて良かった。食らいつきました」。同点の適時打を放ち、引き分けに持ち込んだ。

 終盤の得点機で勝負強さを発揮し「負けずに終われたのはよかった」と安どした。

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2021年3月29日のニュース