台湾・高雄でのU18アジア選手権は12月に延期 高野連はできる範囲で準備

[ 2020年6月17日 18:59 ]

 日本高野連・小倉好正事務局長(62)は17日、新型コロナウイルス感染拡大の影響で、今年9月に台湾・高雄市で予定されていた「U18アジア選手権」が12月20日に延期となった連絡を全日本野球協会(BFJ)から受けたことを明かした。開催場所に変更はない。

 同事務局長は「今後の状況を見ながら、現時点でできる範囲での準備をさせていただく」と返答。今年からU18代表監督に明徳義塾(高知)・馬淵史郎監督が就任。ヘッドコーチに花咲徳栄(埼玉)・岩井隆監督、コーチに智弁学園(奈良)・小坂将商監督、沖縄尚学(沖縄)・比嘉公也監督と甲子園大会優勝経験のある4人をそろえている。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年6月17日のニュース