DeNA 坂本、キャンプ第1クール終え「楽しかった」投手MVPには謙遜

[ 2020年2月4日 16:59 ]

 DeNAのドラフト2位・坂本裕哉投手(立命大)が4日、初めての宜野湾キャンプの第1クールを終えた。新人投手では唯一の1軍スタートも先輩らと汗を流し「凄く楽しかった。思っているより楽しめています」と笑顔を見せた。

 第1クールは2度のブルペン入り。143キロをマークした。ラミレス監督は第1クールの投手MVPに坂本の名前を挙げるほどインパクトのある姿を見せた。

 伝え聞いたルーキー左腕は「モチベーションを上げていただいているだけだと思う」と謙遜しながらも「アピールしたい思いで力みがちだが、自分のやるべきことをしっかりやっていきたい。開幕1軍と、1軍で1年間ローテーションを守るという目標を見て、焦らずやっていこうと思います」と先を見据えていた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年2月4日のニュース