ロッテ 井上、自ら追加のおかわり練習で下半身強化 昨季反省生かす

[ 2020年2月4日 17:03 ]

 ロッテ・井上晴哉内野手(30)が4日、「おかわり練習」で精力的に汗を流した。沖縄・石垣島の春季キャンプ4日目。午後の個別練習の時間に特打や特守に指定された選手にまじり、ティー打撃とノック練習を行った。当初予定にはなかったが自らの判断で練習を追加。「今年は開幕が早いというのもある。しっかり下から振れるようにしていこうと思っている」と下半身を強化した。

 昨季は打率・252、24本塁打、65打点。足腰を鍛えて開幕に臨めなかったといい「しっかり下を使うことが大事だと気づくシーズンだった」。反省を生かし、今年は徹底的に下半身をいじめ抜く。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年2月4日のニュース