オリックス田嶋 ブルペン一番乗り 勝負の3年目に向け31球

[ 2020年2月1日 05:30 ]

オリックスの田嶋大樹
Photo By スポニチ

 オリックスの“ブルペン一番乗り”したのは、田嶋だった。変化球を交えて31球を投げ「今日は入ろうと思っていました。明日から、いきなり投げて腰を痛めたりとかしても嫌なので」と話した。

 左肘痛から復帰した昨季は10試合で3勝4敗、防御率3.44。山岡、山本の二枚看板に続く存在として期待がかかる左腕エース候補が、勝負の3年目に挑む。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年2月1日のニュース