大谷 3試合ぶりマルチ安打、エンゼルス最終回追い上げも黒星

[ 2019年6月17日 05:19 ]

ア・リーグ   エンゼルス5―6レイズ ( 2019年6月16日    セントピーターズバーグ )

エンゼルスの大谷(AP)
Photo By AP

 エンゼルスの大谷翔平投手(24)が16日(日本時間17日)、敵地でのレイズ戦に5試合連続「3番・DH」で先発出場。4打数2安打1四球2三振だった。試合は5―6で敗れ。5割復帰はならなかった。

 この日は初回の第1打席は四球、3回の第2打席は空振り三振、5回の第3打席は右前打、7回の第4打席は空振り三振、1点差に追い上げた9回の第5打席は投手強襲の内野安打を放った。

 前日は4試合ぶりに4打数無安打。13日(日本時間14日)にMLBで日本人初となるサイクル安打を達成した大谷は3試合ぶりの複数安打となった。

続きを表示

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年6月17日のニュース