DeNA令和1号は筒香!右翼席最上段へ先制2ラン「昇太が粘り強く投げていたので」

[ 2019年5月2日 16:42 ]

セ・リーグ   DeNA―ヤクルト ( 2019年5月2日    横浜 )

<D・ヤ>7回無死一塁、先制2ランを放った筒香(中央左)はロペスとジャンピングハイタッチ(撮影・村上 大輔)
Photo By スポニチ

 DeNA・筒香嘉智外野手が、力投を続ける今永に先制点をプレゼントした。

 両軍無得点の7回。6回までわずか1安打に抑え込まれていたヤクルト先発・スアレスから先頭のソトが死球で出塁すると、4番のバットが火を吹いた。2ボール2ストライクからの6球目、高めの変化球を振り抜いた。打球は右翼席最上段に達し、本拠地は大歓声に包まれた。

 チームの「令和1号」となる9号2ランに「自分のスイングで捉えることができました。昇太(今永)が粘り強く投げていたので、援護できうれしいです」と筒香。8回123球を投げ5安打無失点と力投した今永を援護した。

続きを表示

「第101回全国高校野球選手権大会 各地区結果」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年5月2日のニュース