ブライス・ハーパー フィリーズと米史上最高額で契約合意 13年総額366億円

[ 2019年3月1日 16:14 ]

ブライス・ハーパー外野手 (AP)
Photo By AP

 昨季終了後にナショナルズからフリーエージェント(FA)になったブライス・ハーパー外野手(26)が、フィリーズと13年総額3億3000万ドル(約366億3000万円)で契約に合意した。2月28日に大リーグの公式サイトが報じた。

 選手個人の契約総額としては、マーリンズ時代のジアンカルロ・スタントン外野手(現ヤンキース)が2014年オフに結んだ13年総額3億2500万ドルを超え、米国プロスポーツ史上最高額。ESPN(電子版)によると、この大型契約にトレード拒否権は含まれているが、期間途中で契約を破棄できるオプトアウトの権利はないという。

 昨季のハーパーは159試合に出場して打率2割4分9厘、34本塁打、100打点をマーク。これまでナショナルズ一筋7年間で通算184本塁打を放ち、2015年には打率3割3分、42本塁打、99打点の好成績で、本塁打王とリーグMVPを獲得した。

 フィリーズはナショナルズと同じナ・リーグ東地区に所属し、昨季は80勝82敗で地区3位。監督は日本のプロ野球、巨人にも在籍していたゲーブ・キャプラー氏(43)が務めている。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年3月1日のニュース