“日本人最長身左腕”楽天ドラ4弓削が3回完全!ラミゴ相手に持ち味発揮

[ 2019年3月1日 16:31 ]

親善試合   楽天―ラミゴ ( 2019年3月1日    天母 )

ラミゴとの交流試合に先発した楽天・弓削
Photo By 共同

 ルーキーが台湾の地で快投だ。

 楽天のドラフト4位左腕・弓削(SUBARU)が台湾プロ野球・ラミゴとの親善試合に先発。3回を打者9人、パーフェクトに抑えた。

 初回は1死から2番打者を空振り三振に仕留めるなど3者凡退。2回には4番・林泓育に左翼フェンス手前までの大飛球を打たれたが、全く危なげない内容で3回無安打無失点で2奪三振だった。

 日本人左腕では、球界史上最長身の1メートル93。実戦デビューとなった2月20日の日本ハム戦は2回4安打4失点に終わり「打たせて取るスタイルを見直したい」と話していたが、異国の地で持ち味を発揮した。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年3月1日のニュース