中日 ロメロ 実戦初登板「90%の出来」

[ 2019年2月24日 05:30 ]

オープン戦   中日4―8DeNA ( 2019年2月23日    北谷 )

対外試合に初登板するロメロ(撮影・椎名 航)
Photo By スポニチ

 中日の新外国人ロメロ(ロイヤルズ)が実戦初登板。23日のオープン戦、対DeNA(北谷)で6回からの2イニングを投げ、1安打2奪三振無失点に封じ「自分としては90%の出来」とうなずいた。

 7回無死では神里をフルカウントから外角低めの直球で見逃し三振に仕留めるなど直球、変化球とも低めに集め、最速は153キロを計測。過去にマイナーで3度、開幕投手の経験があり、大役候補の1人だが「監督が言ったなら喜んでやるが、開幕に投げる目的でやっていない。チームの勝利が大事」と冷静に話した。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年2月24日のニュース