今秋ドラフト候補、東洋大・笹川V犠飛 立大とオープン戦

[ 2016年2月27日 05:30 ]

右前打で出塁した東洋大・笹川

 東都大学リーグの東洋大が26日、埼玉県川越市の同大グラウンドで東京六大学リーグの立大と今季初のオープン戦を行った。

 今秋ドラフト候補の主将・笹川は、同候補の沢田圭から3回に右前打、2―2の5回には決勝の左犠飛を放ち、勝利に貢献した。今春は7季ぶりに1部で戦う。2年春に2部で首位打者に輝いた主将は「チームとして勝てるんだと自信になるので初戦を勝てて良かった。個人としてもさらに上のレベルになれるように頑張りたい」と力を込めた。今季オープン戦初登板の沢田圭は5回5安打3失点。「技術的には上がってきている。いろいろ試して開幕に合わせたい」と話した。

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2016年2月27日のニュース