“ナックル姫”吉田えり 「夢」の日本代表入りへアピール!

[ 2016年2月27日 15:12 ]

<侍ジャパン女子代表2016トライアウト>シート打撃で登板する吉田えり

 「ナックル姫」こと吉田えり投手(24=石川ミリオンスターズ)が27日、JR東日本グラウンドで行われた侍ジャパン女子代表「マドンナジャパン」のトライアウトに参加。シート打撃に登板し、打者5人に対し、12球を投じて被安打1、1三振を奪い、代表入りをアピールした。

 吉田は前日26日のブログで「ここ数カ月は、このトライアウトに照準を絞って練習してきました。 たくさんの人に支えていただき、良い準備がしてこれたと思います!前夜ということで緊張感はありますし、本番ではもっと緊張してしまうと思いますが、その緊張も含めてこのトライアウトを楽しみ、とにかくベストを尽くすことに集中したいと思います!結果はどうなるか分からないけど、強い気持ちを持って臨み、自分にとって良い経験にしたいです」と意気込んでいた。

 登板後、吉田は「納得はしてないですけど、勉強になったし良い経験になりました。ナックルボールはブルペンで投げてあまり調子が良くなかったので投げませんでした」とコメント。そして「代表になるのは中学生の頃からの夢。明日(28日)は実戦になるので1球1球大事にして、自分を信じて力を出しきれたらいいなと思います」と話した。

 今回のトライアウトは64人が参加。25人前後に絞られる。その後、合宿を経て、8月に最終メンバー20人が決まる。今年は9月3~11日に韓国でWBSC第7回女子野球ワールドカップが開催され、侍ジャパン女子代表は大会5連覇を目指す。

続きを表示

この記事のフォト

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2016年2月27日のニュース