ロッテ ソフトB退団スタンリッジ獲り 国内複数球団争奪戦も

[ 2015年12月14日 09:10 ]

今季限りでソフトバンクを退団したスタンリッジ

 ロッテが、ソフトバンクを今季限りで退団したジェイソン・スタンリッジ投手(37)の獲得調査を進めていることが13日、分かった。

 先発ローテーションを担える新外国人投手の獲得は急務で、来日通算63勝を誇る右腕に白羽の矢を立てた。球団関係者は「日本シリーズを含めた今季の投球を見る限り、まだまだやれる力がある。シーズンを通してローテーションを守れる投手という点では、補強ポイントに合致する」と明かした。

 今季は3位で2年ぶりのAクラス入り。先発陣はエースの涌井が15勝で最多勝に輝き、2年目の石川も12勝で2年連続2桁勝利を挙げた。ただ、2桁勝利は2人だけで、ここ数年の懸案となっている先発陣の駒不足は解消されていない。球団幹部は「上位を目指すためには計算できる先発投手が必要」と力説する。スタンリッジは今季も10勝を挙げ2年連続2桁勝利をマーク。ヤクルトとの日本シリーズでも日本一を決めた第5戦で勝利投手になった。37歳という高齢で選手層の厚いソフトバンクからは来季の契約を結ばれなかったが、力は衰えていない。スタンリッジも日本でのプレーを希望している。

 さらにロッテは今季、スタンリッジに4戦4敗を喫し、「天敵中の天敵」だった。獲得できれば、今季10勝15敗と大きく負け越したソフトバンクとの対戦成績も変わるはずだ。今季の年俸は2億円と高額だっただけに「獲得するにはそれなりの資金が必要になる。他にも獲得に興味を持っている球団があるようなので、条件面で折り合えば」と球団関係者。国内の複数球団で争奪戦になる可能性もあり、球団は慎重に調査を進めている。

 ◆ジェイソン・スタンリッジ 1978年11月9日、米アラバマ州生まれの37歳。97年ドラフト1巡目でデビルレイズに入団し、01年にメジャーデビューした。4球団に所属し、通算80試合で3勝9敗、防御率5.80。07年6月にソフトバンク入団。08年に一度は退団し、10~13年は阪神でプレー。昨年、6年ぶりに古巣に復帰した。昨年6月9日の阪神戦で、外国人では2人目の全球団勝利。1メートル91、110キロ。右投げ右打ち。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2015年12月14日のニュース