山本昌、史上最年長勝利の快挙!チームも一丸で後押し!

[ 2014年9月5日 21:29 ]

<D・神>今季初先発し5回無失点と好投した山本昌

セ・リーグ 中日6―0阪神

(9月5日 ナゴヤD)
 中日のベテラン左腕・山本昌が今季初登板し5回無失点と好投。49歳0カ月でプロ野球史上最年長出場記録を更新するとともに、1950年に浜崎真二(阪急)が記録した48歳4カ月を抜いて史上最年長勝利を飾った。

 熟練の技が冴えわたった。初回から5回まで毎回、走者を背負ったが、相手に得点を許さなかった。5回5安打無失点。プロ31年目、通算577試合目の登板で、しっかりと先発の役割を果たした。

 山本昌に白星をつけるべく、チームも一丸となった。後を受けた2番手・祖父江は6回、失策と安打で無死一、二塁のピンチを背負ったが、新井を空振り三振、今成を左飛、鶴岡を見逃し三振に斬って取った。

 打線も援護した。4回、1死から荒木の中前打を足がかりに2死満塁とし、藤井の中前2点適時打で先制。山本昌に勝利投手の権利をもたらすと、6回には平田の四球、森野の右前打、藤井の四球で無死満塁とし、代打・小笠原の右前打で1点を追加。さらに代打・谷繁の押し出し四球でリードを広げた。7回にも2点を加えダメを押した。

 7回以降は武藤、又吉、福谷とつなぐ完封リレーでチームは連勝。山本昌は今季初白星で通算219勝目を手にした。

 阪神は先発・能見が5回0/3を6安打4失点と崩れた。打線も中日投手陣を攻略できず零敗。この日、広島が勝利したため3位に転落した。

続きを表示

この記事のフォト

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2014年9月5日のニュース