巨人、井端獲得を発表 二塁手強化、右の代打としても期待

[ 2013年11月26日 15:02 ]

 巨人は26日、中日を自由契約になった井端弘和内野手(38)と来季の契約で合意したと発表した。入団会見は後日行う。

 井端は堀越から亜大を経て97年ドラフト5位で中日入団。ドラゴンズ一筋で16シーズンに渡ってプレーし、堅守と巧打で活躍。ベストナイン5度、ゴールデングラブ賞を7度受賞した。しかし今季は故障の影響もあり、打率・236、1本塁打、18打点と不振。10月末の下交渉で今季の年俸1億9000万円から80%以上のダウンとなる3000万円前後を提示されて態度を硬化し、今月4日に退団していた。

 来季の日本一奪回を目指す巨人にとって二塁手は補強ポイントの一つ。堅実な守備と勝負強い打撃を評価し、関係者は「もし井端が加わったら、坂本ら若い内野手の手本や刺激にもなる」と話していた。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2013年11月26日のニュース