甲子園にイタチ 藤浪「かわいかったので許してあげましょう」

[ 2013年9月1日 08:06 ]

<神・広>5回表、突然乱入したイタチを見つめる藤浪
Photo By スポニチ

セ・リーグ 阪神2-1広島

(8月31日 甲子園)
 試合中の甲子園グラウンドにイタチが出てきた。5回表、プレーボール直前、アルプス席辺りから左翼の芝の上を走り、三遊間を通って、三塁側ベンチ辺りに消えた。

 マウンド上の阪神・藤浪も思わず「ちょっとかわいかったので、思わず苦笑いしてしまいました。かわいかったので許してあげましょう」と笑みをこぼす、ほほえましい一幕だった。

 イタチは相当古くから甲子園におり、07年3月24日に行われたセンバツ1回戦、都留―今治西戦の5回、都留の攻撃中に三塁側ベンチ付近からイタチがグラウンドに侵入。ダイヤモンドを横切ると一塁側フェンスの下を通って姿を消した。

 03年8月27日の阪神―巨人戦の5回、阪神の攻撃中に一塁側ベンチから猫が飛び出し、三塁側ベンチ上に乗るなど約30秒間走り回った。最後は捕まえようとした田淵チーフ打撃コーチをかわして、一塁側ベンチ裏に戻っていった。07~10年に行われた「平成の大改修」以前は1メートルを超えるアオダイショウもすんでいた。

続きを表示

この記事のフォト

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2013年9月1日のニュース