年俸600万も税金450万 細山田「お金ないから大分行けるか…」

[ 2012年11月23日 11:21 ]

ぼう然のDeNA・細山田
Photo By スポニチ

 DeNAの細山田武史捕手(26)が22日、横浜市内の球団事務所で契約更改交渉に臨み、今季の年俸1700万円から野球協約で定められた減額制限(1億円以下は25%)を大幅に超える65%減の年俸600万円でサインした。

 今季は春季キャンプから一度も1軍に上がることができなかった細山田は「税金を払わないといけないし、これから食事は松屋か吉野家にする」と顔面蒼白。横浜市内の税務署の担当者によると来年の税金額は「所得税と住民税で450万ぐらい」になるため、手元にはほとんど残らない。

 金欠は自主トレにも影響する。今年1月は大分でソフトバンク・内川らと合同トレを行ったが「お金がないから大分に行けるか分からない」と話す。さらに「来年は契約してもらえたけど再来年は分からない。どれだけ死ぬ気でやれるか」と悲壮感を漂わせた。

続きを表示

この記事のフォト

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2012年11月23日のニュース