負傷者続出の阪神…ブラゼル死球、藤井彰はタックル受け交代

[ 2012年7月1日 19:24 ]

セ・リーグ 阪神5-9ヤクルト

(7月1日 神宮)
 阪神に負傷者が続出した。2回、村中の投球が右肘付近に当たったブラゼルはその場でうずくまって痛がり、代走を送られた。

 その裏の守備では、本塁でのクロスプレーでバレンティンの強烈なタックルを受けた藤井彰が右脇腹の辺りを痛め、4回に代打を送られて退いた。吉田バッテリーコーチは藤井彰について「息をすると苦しいみたい。ちょっと様子を見ないと」と心配そうに話した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2012年7月1日のニュース