青木 最終打席で決めた!7戦連続安打&先発全員安打「気持ち的に大きい」

[ 2012年7月1日 13:56 ]

ダイヤモンドバックス戦の8回、投手強襲安打を放ち、連続試合安打を自己最長の7に伸ばしたブルワーズ・青木

ナ・リーグ ブルワーズ10―2ダイヤモンドバックス

(6月30日 ミルウォーキー)
 ブルワーズの青木は30日、ミルウォーキーでのダイヤモンドバックス戦に「1番・右翼」で出場し、5打数1安打だった。

 4打席凡退の後の8回、先発メンバーでただ一人無安打だったが、投手強襲安打を記録し、これで大リーグでは自己最長の7試合連続安打となった。

 最終打席で安打が出たことに青木は「きょうのような1本が気持ち的に大きい」と、先発全員安打のトリを務めたことに笑みを浮かべた。

 出場機会になかなか恵まれなかった春先も、6月はスタメンを外れたのがわずか2試合のみ。レギュラーと言っても過言ではない結果を残している。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2012年7月1日のニュース