ケッペル志願のスピーチ「必ず日本は再生できる」

[ 2011年4月4日 06:00 ]

慈善試合<日・楽>試合前にスピーチする日本ハム・ケッペル(左)。右は楽天・鉄平

復興支援試合 日本ハム9―3楽天

(4月3日 札幌D)
 来日2年目の日本ハム・ケッペルが国内でプレーする外国人選手を代表して試合前に志願のスピーチを行った。

 「一人一人の小さな力を大きな力に合わせ、必ず日本は再生できると信じている。困難な状況を乗り越え、また夢と希望をつかめるだろう。私も日本でプレーする外国人選手の一人としてできることは全てやる」と約3分間演説し、最後は「ガンバロウ、ニッポン」と日本語で締めた。前日は楽天相手に7回95球を投げ1失点投球。この日はマイクでスタンドの拍手を誘った。

続きを表示

「稲村亜美」特集記事

「プロ野球 交流戦」特集記事

2011年4月4日のニュース