今季初安打 松井 日米通算2500安打達成

[ 2011年4月4日 06:32 ]

マリナーズ戦で日米通算2500安打を達成したアスレチックスの松井

 アスレチックスの松井秀喜外野手(36)が3日、本拠地オークランドで行われたマリナーズ戦に「5番・指名打者」で出場、2回の第1打席に今季初安打の左翼線二塁打を放ち、日米通算2500安打を達成した。

 松井のこの日の成績は4打数2安打1打点。内容は左翼線二塁打、中飛、左飛、右前打(打点1)で、移籍後初打点もマークした。試合はアスレチックスが7―1で勝ち、今季初勝利。

 松井は巨人時代の10年間で1390、一昨年までのヤンキース7年間で977、昨年のエンゼルスで132安打した。

 2500安打は日本プロ野球では3085本の張本勲を筆頭に6人が記録。マリナーズのイチロー外野手は昨年、日米通算3500本をクリアしている。

 メジャー9年目の松井は日米通算500本塁打にもあと7本に迫っている。

続きを表示

この記事のフォト

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2011年4月4日のニュース