米歴代最多Sのホフマン 引退を正式表明 

[ 2011年1月14日 06:00 ]

引退を正式表明したホフマン

 通算601セーブを挙げ、大リーグ歴代最多セーブを誇る元ブルワーズのトレバー・ホフマン投手(43)が12日(日本時間13日)、全盛期を過ごしたパドレスの本拠地ペトコ・パークで引退会見を行った。

 スーツ姿でグラウンドに登場すると、「大リーグ選手でいられたことに感謝したい」と引退を正式表明。グラウンドに別れを告げた。同選手は登板した1035試合全てが救援登板で、18年間で61勝75敗、防御率2・87。今後はパ軍でフロント入りする。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年1月14日のニュース