ドラフト4位入団の星野が右肘手術へ

[ 2011年1月9日 19:25 ]

 ソフトバンクは9日、ドラフト4位で入団した星野大地投手(岡山東商高)が17日に群馬県内の病院で右肘関節内側側副靱帯の再建術を受けると発表した。9日に始まった新人合同自主トレーニングには14日まで参加する予定。

 本人は違和感を感じていなかったが昨年末のメディカルチェックで異常が明らかになった。星野は「(ことしは)体づくりの年と捉える」と前向きに話した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年1月9日のニュース