「死のうかと思った」森本怒りの保留1号

[ 2009年12月13日 06:00 ]

 ソフトバンク・森本が怒りの保留1号だ。今季は自己最多95試合、打率・256、得点圏打率・298など、故障した松田の穴を埋める活躍だった。

 だが、査定は200万円増の2400万円。「(提示額に)信じられん。死のうかと思った」とあ然。控え選手の評価が低すぎることに「レギュラーだけで1年間、戦ってみればいい」と最後は吐き捨てるように話していた。

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2009年12月13日のニュース