工藤 西武復帰発表へ!「47」決定的

[ 2009年11月11日 06:00 ]

西武時代の工藤公康ピッチング

 西武は横浜を戦力外となった工藤公康投手(46)の入団を11日にも発表する。工藤にとっては94年以来の古巣復帰となるが、渡辺監督は「工藤さんはウチの左の救援陣と比べても、制球、球速とも一番」として高く評価。工藤は11日の12球団合同トライアウト(甲子園)は受験しない方向で、トライアウト終了後にも古巣復帰が発表となる。

94年11月9日 さらばライオンズ…工藤公康「裏切られた気持ち」

05年9月9日 55年ぶりの40代対決

07年5月23日 セ最年長記録「一番長くて忘れられない1勝」

 注目されるのがその背番号だ。工藤が西武入団から13年間背負っていた47は現在、同じ左腕で工藤にあこがれている帆足がつけている。今回の復帰に際して帆足は「もともとは工藤さんの番号。譲っても構いません」と話しており“返還”にも快く応じる構えだ。帆足は今季、涌井、岸に次ぐ9勝を挙げるなど実績ある投手。当初、渡辺監督は「帆足の背番号が変わるのは考えにくい」と話していたが、帆足自身が変更を望むなら話は別。工藤の代名詞とも言える「47」が本家の背中に戻ることになる。
 工藤は現在、横須賀のベイスターズ球場で自主トレを行っている。「トライアウトが終わるまでは何もしゃべらない」と話しているが、29年目のシーズンへ意欲満々。球団は戦力としてはもちろん豊富な知識と経験から、若手投手陣、さらにはドラフト1位左腕・菊池の教育係としても期待している。来季47歳を迎えるベテラン左腕は、慣れ親しんだ背番号47で原点回帰する。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2009年11月11日のニュース