横浜の新入団選手は全員1軍キャンプ

[ 2008年12月12日 17:02 ]

横浜の新入団発表でポーズを取る(前列左から)藤江均投手、佐々木球団社長、大矢監督、松本啓二朗外野手、(後列左から)王靖超内野手、細山田武史捕手、山崎憲晴内野手、小杉陽太投手、陳投手

92年12月18日 横浜、最初のドラ1は小桧山、背番号はあの「19」

65年7月25日 東大卒初のプロ、「南氷洋に行ったつもりで」1年目に初白星

74年2月24日 六大学のプリンス、オープン戦初登場で女性客殺到

 横浜は12日、横浜市内のホテルで新人選手の入団発表を行った。
 ドラフト1位の松本啓二朗外野手(早大)は「ファンから早く名前を覚えてもらえるように頑張りたい」と抱負を語り、大矢監督は「故障がなければ、1軍のキャンプに全員を連れて行く」と期待を込めた。
 新入団選手は次の通り。
 ドラフト1位 松本啓二朗外野手(22)=早大、180センチ、78キロ、左投げ左打ち、背番号6▽2位 藤江均投手(22)=東邦ガス、177センチ、72キロ、右投げ右打ち、19▽3位 山崎憲晴内野手(22)=横浜商大、176センチ、76キロ、右投げ右打ち、0▽4位 細山田武史捕手(22)=早大、179センチ、76キロ、右投げ右打ち、36▽5位 小杉陽太投手(23)=JR東日本、186センチ、82キロ、右投げ右打ち、54

続きを表示

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2008年12月12日のニュース