PR:

記録で見るア・リーグ地区シリーズ第1戦 バウアー、イ軍記録塗り換える

ア・リーグ地区シリーズ第1戦   インディアンス4―0ヤンキース ( 2017年10月5日    クリーブランド )

好投したインディアンズのバウアー(AP)
Photo By AP

 インディアンスの先発バウアーは6回1死までノーヒッター。インディアンスの先発投手によるポストシーズンの最長無安打イニングは1948年のボブ・フェラーと1954年のアーリー・ウィンの「4」だったが、その記録を書き換えた。

 インディアンスのフランコーナ監督は今季リーグ最多タイの18勝を挙げた31歳のクルーバーではなく、17勝ながらここ14戦で11勝1敗だった26歳バウアーを初戦の先発に起用。この采配がズバリと的中した。

 8月9日にメッツから移籍してきたブルースは4回に3ランを放つなど3打数2安打3打点。移籍後、インディアンスは22連勝を含む43勝9敗と快進撃を見せており、チームに欠かせないラッキーボーイとなっている。

 新人ながら今季の本塁打王(52本)となったヤンキースのジャッジは4三振。このうち3つがバウアーに喫したものだった。

[ 2017年10月6日 14:35 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(野球)

      ※集計期間:02月22日18時〜19時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      特集・コラム