PR:

日大、長打攻勢で今季初勝ち点 八田&北阪が2者連発

東都大学野球   日大9―5中大 ( 2017年10月5日    神宮 )

先制3ランを放った日大の八田(左)
Photo By スポニチ

 東都大学野球は3回戦1試合が行われ、日大が中大を9―5で下し、今季初の勝ち点を挙げた。4番・北阪真規内野手(4年)と5番・八田夏捕手(3年)がともに2本塁打を放ち、計4本塁打の長打攻勢。中大の今秋ドラフト候補・鍬原拓也投手(4年)を4回7失点でKOした。6日は未消化の東洋大―立正大3回戦が行われる。

 5番の八田が鍬原攻略の先陣を切った。初回2死一、三塁から先制の左越え3ラン。3ボールから「待て」のサインだったが「打てだと思って打っちゃった」と頭をかいた。1点差に迫られた4回には4番の北阪が右越え2ラン。鍬原をKOすると7回には北阪、八田の2者連続アーチでトドメを刺した。

 京田(現中日)らを擁してリーグ優勝した昨秋と力は遜色ない。ただ接戦に弱く、勝ち点が遠かった。「基礎的な練習の差。そこを見直した」と仲村恒一監督。この日は4、5番を入れ替えた打順も的中し、北阪は「今日が一番大事な試合。狙い通り」。勝ち点1で4校が並び、勝ち点2の東洋大と亜大を追う混戦模様となってきた。 (松井 いつき)

[ 2017年10月6日 05:30 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(野球)

      ※集計期間:10月17日08時〜09時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      特集・コラム