PR:

東大・宮台 進路はプロ一本 今春覇者・立大倒し猛デモだ

夢のプロ入りに向け、秋に復活を懸ける東大・宮台
Photo By スポニチ

 東京六大学秋季リーグ戦が9日に開幕する。開幕戦は今春の覇者で全日本大学選手権を制した立大と東大が対戦。東大のエース左腕で今秋ドラフト候補の宮台康平投手(4年)は「打倒・立大」を宣言した。不本意な結果に終わった春のリベンジを誓い、プロ入りへ猛アピールする。

 退路は断った。宮台は今夏、就職活動をせずに当初の希望通り、進路は「プロ一本」だ。指名漏れの場合は「野球を続けるにしても、受け入れてくださるチームがあるかどうか自分だけでは決められないし、全く白紙」と言う。それだけの思いを込めて臨むラストシーズン。「不安はあるが、全力でやる。まずは勝ち点奪取が目標」と闘志を燃やした。

 昨秋に左肩を痛め、今春は負担のかからないフォームを模索したが、7試合で0勝3敗、防御率8・17という不本意な成績に終わった。それでも肩周りを強化してきた成果が出始めており「体の不安はなくなった」と手応えを口にする。夏はオープン戦で12試合に登板し、最長で7回を投げるなど復活の兆しを見せている。

 8月には元楽天の投手コーチで、今年学生野球資格を回復した吉田修司氏が東大の臨時コーチに就任。88年に巨人にドラフト1位で入団した同じ左腕で、宮台は「たくさん引き出しを持っている方。投球のチェックポイントを聞いたりして発見が多い」と目を輝かせる。最後の秋に最高の投球を見せる。 (松井 いつき)

[ 2017年9月8日 05:30 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(野球)

      ※集計期間:09月26日07時〜08時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      特集・コラム