PR:

東京五輪 野球ソフトの福島開催決定 IOC理事会

 国際オリンピック委員会(IOC)は17日、韓国の平昌で理事会を開き、2020年東京五輪の追加種目、野球・ソフトボールの一部試合を福島県で開催する計画について、大会組織委員会が提案した県営あづま球場(福島市)を会場とすることを全会一致で決めた。東日本大震災の復興支援を後押しする狙いがある。野球とソフトボールの1次リーグ1試合ずつを行う方針で、組織委はともに開幕戦の日本戦を想定している。

 組織委の森喜朗会長は「おそらく(1次リーグの)開幕試合になるだろう。この五輪は復興ニッポンという大きなタイトルからスタートした。被災地の皆さんに喜んでもらう形にしたい」と述べた。

 組織委は、既に承認されていた主会場の横浜スタジアムに加え、施設改修を前提としてプロ野球公式戦の開催実績もあるあづま球場に絞って調整していた。

 IOCのバッハ会長も福島県で1次リーグの日本戦を実施するアイデアを提案し、被災地で競技を実施する意義を強調していた。福島県の会場候補には開成山球場(郡山市)といわきグリーンスタジアム(いわき市)も挙がっていた。

 一方、大会方式は1次リーグの出場6チームを2組に分けて実施する組織委案に対し、世界野球ソフトボール連盟(WBSC)は試合数を増やすため総当たりを要望して交渉が難航している。組織委の武藤敏郎事務総長は「大会方式はIOC理事会の承認事項ではないので、WBSCと協議を継続したい」と語った。

[ 2017年3月17日 11:09 ]

Webtools & Bookmarks

注目アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      特集・コラム

      スペシャルコンテンツ