PR:

まさかの逆転負け…ソフト“マジック王手”の試合7連敗

<西・ソ>逆転サヨナラ負けにぼう然のソフトバンクベンチ

パ・リーグ ソフトバンク7-8西武
(8月31日 西武D)
 6度ならず7度までも…。ソフトバンクが痛恨の逆転負けでまたもマジック点灯のチャンスを逃した。2点リードで迎えた9回だ。抑えのサファテがまさかの炎上。浅村に適時二塁打、最後は2死一、二塁で森に2点二塁打を浴びた。今季7敗目を喫した守護神は「完璧にやられた。(救援陣は)チームが勝つために精いっぱいやっている。きょうはそれが実らなかった」と悔しさをにじませた。

 工藤監督は「ピッチャーですから打たれることもある。抑えをやっていればうまくいかないときもある」とサファテをかばったが、あと1死でマジック点灯を逃したショックは大きい。同じナイターの日本ハムが先に敗れたため、引き分けでもマジック22が点灯する状況だった。チームは優勝マジック点灯が懸かった試合で実に7連敗。最大4点をリードした試合で敗れたのは今季初めてだった。

 まさかの敗戦。それでもまた、プレーボールの時間は訪れる。8月は11勝14敗と負け越しに終わったが、工藤監督は「また明日から頑張りたい」と勝負の9月へ視線を向けていた。

 ≪1日にも点灯≫ソフトバンクは西武に敗れマジック点灯は1日以降に持ち越しとなった。条件はソフトバンクが西武に勝つか引き分けて、日本ハムが楽天に敗れればM21が出る。

[ 2016年9月1日 05:30 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(野球)

      ※集計期間:09月21日07時〜08時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      特集・コラム