松山英樹 パットに精彩欠き34位後退

[ 2024年6月23日 12:23 ]

米男子ゴルフツアー トラベラーズ選手権第3日 ( 2024年6月22日    米コネティカット州 TPCリバーハイランズ=6835ヤード、パー70 )

松山英樹(AP)
Photo By AP

 第3ラウンドが行われ、21位から出た松山英樹は3バーディー、2ボギーの69で回り、通算6アンダーで34位に後退した。首位とは12打差に開いた。松山は5番パー3でグリーン右のラフからチップインバーディー。9番でもバーディーを奪ったが、12番の3・5メートルのバーディーチャンスを外すと、13、14番で連続ボギーを叩いた。15番でスコアを一つ戻したが、パットに精彩を欠いた1日だった。

 トム・キム(21=韓国)が65をマークし、通算18アンダーで単独トップを守った。1打差の2位にスコッティ・シェフラー(28=米国)らが続いた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2024年6月23日のニュース