【バレー女子】日本は銀 真鍋監督「集中力切らさず頑張った。大きな成長」パリ五輪へ手応え

[ 2024年6月24日 01:17 ]

ネーションズリーグ決勝トーナメント決勝   日本―イタリア ( 2024年6月23日    タイ・バンコク )

イタリア戦に臨む日本の選手たち(c)volleyballworld.com
Photo By 提供写真

 バレーボールのネーションズリーグ女子決勝トーナメント決勝が23日、タイ・バンコクで行われ、世界ランク6位の日本は同1位のイタリアと対戦。セットカウント1―3(17―25、17―25、25―21、20―25)で敗れ、47年ぶりの国際主要大会優勝はならなかった。それでも主要国際大会での銀メダルは14年ワールドグランプリ(ネーションズリーグの前身)以来となった。

 真鍋政義監督は銀メダルについて「まず今回はパリのオリンピックの出場権を獲得できた。それと決勝に行けたというのは選手にとって良い経験になったと思う」とコメント。

 パリ五輪に向けては「選手、スタッフと目標をどこにするのかは話し合って決めたいと思います」と述べた。

 今大会を通じ「全員が五輪予選を戦ったことがないっていうのがあったんですが、主将の古賀中心に自主的に集中力切らさず頑張ってくれた。それが一番大きな成長だと思う」と手応え。

 「今回ネーションズリーグでオリンピック出場権を獲得したので、次の目標に向かって挑戦したい」と意気込んだ。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2024年6月23日のニュース