古江 8位フィニッシュで4戦連続トップ10入り!パリ五輪代表へ「目指すと言っている限り…」

[ 2024年6月18日 05:26 ]

米女子ゴルフ メイヤー・クラシック   最終日 ( 2024年6月16日    ミシガン州ブライズフィールドCC=6556ヤード、パー72 )

古江彩佳(AP)
Photo By AP

 最終ラウンドが16日に行われ、19位から出た古江彩佳(24=富士通)が4バーディー、ボギーなしの68と伸ばし、通算12アンダーの8位に入った。渋野日向子(25=サントリー)は73で回り、通算5アンダーの41位。リリア・ブ(26=米国)が通算16アンダーで並んだ3人によるプレーオフを制してツアー5勝目を挙げ、優勝賞金45万ドル(約7065万円)を獲得した。

 古江が68をマークし、4戦連続でトップ10に食い込んだ。各国原則2枠のパリ五輪代表争いで現在、日本勢2番手。次戦の全米女子プロ選手権後に代表が決まるだけに、「目指すと言っている限り、トップ10入りは毎回していかないといけない」と貪欲に話した。

 この日はボギーなしで4バーディーと安定した内容だったが、「チャンスを逃したりというのも多かったので、悔しい一日でもあった」と満足していなかった。

 ▼41位渋野日向子 もったいないと思うホールが多かったので非常に悔しい。いい時ばかりじゃないので、今の自分の現状を受け入れるいい機会だった。(33位から73で後退)

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2024年6月18日のニュース