【バレーボール】日本女子のパリ五輪出場が決定!6大会連続 日本協会などが電撃発表

[ 2024年6月14日 14:07 ]

古賀紗理那(左から2人目)ら女子日本代表
Photo By スポニチ

 日本バレーボール協会やネーションズリーグ大会事務局は14日、女子日本代表のパリ五輪出場が決まったと発表した。

 日本協会は公式サイトで「公益財団法人日本バレーボール協会(JVA)は6月14日(金)、国際バレーボール連盟(FIVB)およびバレーボールワールド(VW)より、女子日本代表チームが第33回オリンピック競技大会(2024/パリ)[以下、パリ2024オリンピック]の出場条件を満たした旨通知を受けましたことをお知らせいたします。FIVBおよびVWが昨日のバレーボールネーションズリーグ(VNL)全試合が終了した時点でFIVB世界ランキングのポイントに関する計算を行った結果、日本は予選ラウンドの残り2試合(15日・セルビア戦、16日・アメリカ戦)の結果に関わらず、世界ランキングによりパリ2024オリンピック出場権を獲得することが判り、JVAに通知されたものです」と朗報を掲載した。

 また、ネーションズリーグ事務局は「昨日までに開催されたネーションズリーグ各ラウンドの結果を受け、FIVB/VWが最新のランキングに基づき計算した所、本日、日本がオリンピック出場権を事実上獲得出来ることになりました。なお『事実上』と記載している理由としては、FIVB/VWの公式アナウンスは最終戦終了後のランキングが決定した際が、『確定』となります。ご理解ください」とした。

 ネーションズリーグに出場している日本代表は13日にカナダと対戦し、失セット数に関係なく勝てば五輪出場が確定するはずだったが、2―3で逆転負け。五輪出場決定は持ち越しとなった。

 しかし、実際は世界ランクでカナダなどに抜かれる可能性が消滅し、出場決定国とアジア・オセアニア最上位、アフリカ最上位を除く上位3カ国に入ることが確定。6大会連続五輪出場が事実上決まっていた。

 パリ五輪出場国は昨年の五輪予選までに開催国を含む7カ国が決定していた。残り5カ国はネーションズリーグ1次リーグ後、17日付の世界ランクで決まる。最優先は出場決定国のない大陸(アジア・オセアニア、アフリカ)の最上位。日本はアジア・オセアニア最上位になるか、出場決定国、アジア・オセアニア最上位、アフリカ最上位を除く上位3カ国に入ることが条件だった。

 日本は15日にセルビア、16日に米国と対戦する。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2024年6月14日のニュース