平戸海「同学年なんで負けられない」 中卒たたき上げがアマエリートの大の里を圧倒

[ 2024年5月20日 19:07 ]

大相撲夏場所 ( 2024年5月20日    両国国技館 )

<大相撲夏場所9日目>懸賞を受け取る平戸海(撮影・西海健太郎)
Photo By スポニチ

 大相撲夏場所9日目(2024年5月20日 東京・両国国技館)東前頭2枚目の平戸海(24=境川部屋)が西小結の大の里(23=二所ノ関部屋)を3勝7の速攻相撲で押し出し、4勝目を挙げた。

 初顔合わせの先場所、寄り切りで敗れた同学年に1場所で雪辱し、「(先場所は)悔しかった。(角界に)入った順とかは気にしてないが、同年代なんで負けられないと思った」

 日体大時代に2年連続アマ横綱に輝き、幕下10枚目格付け出しでデビューした大の里に対して平戸海は中学卒業後、前相撲から取ったたたき上げ。角界では6年先輩の兄弟子に当たるが、ライバルの意識でぶつかり、取組中、右を差し手からのど輪へ切り替えて真っ向から攻めきった。

 自己最高位で今場所初の連勝により、「借金完済」も見えてきた。師匠の境川親方(元小結・両国)からは「勉強(の場所)だ、と言われてます」。残り6日間の結果次第では新三役の可能性も出てきそうだが、心掛けるのは挑戦者の気持ちで15日間を貫くこと。ここまでの9日間について「自信は出ています」と自信も芽生えているようだ。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2024年5月20日のニュース