大の里 平戸海との同学年対決に敗れ勝ち越しお預け…宝富士も痛恨黒星、1敗消える

[ 2024年5月20日 17:59 ]

大相撲夏場所9日目 ( 2024年5月20日    両国国技館 )

押し出しで平戸海に敗れる大の里(右)(撮影・西海健太郎)
Photo By スポニチ

 大相撲夏場所は20日、東京・両国国技館で9日目の取組が行われ、新小結・大の里(23=二所ノ関部屋)は東前頭2枚目・平戸海(24=境川部屋)との同学年対決に敗れ、勝ち越しはお預けとなった。優勝争いは大の里と横綱・琴桜、御嶽海、湘南乃海、宝富士の5人が2敗で並ぶ混戦状態となった。

 大の里は今場所1横綱2大関を撃破し、前日の大栄翔との一戦は押し込まれながらも土俵際で横っ跳びして勝利した。勝ち越しが決まるこの日は平戸海と激突。土俵際まで押し出しされ8勝を飾ることはできず、2敗に後退した。

 大の里と並んで1敗で優勝争いトップに並んでいた37歳の返り入幕・宝富士は、平幕の美ノ海に押し倒しで敗れ2敗目を喫した。

 首位を追う2敗の大関・琴桜は平幕・阿武咲に突き落としで勝利し、トップに並んだ。3日目から休場していた平幕・高安は6日ぶりに再出場。結びで大関・豊昇龍をすくい投げで下し、3勝目を飾った。

 今場所は3年ぶり三役復帰の朝乃山と春場所で110年ぶりの新入幕優勝を成し遂げた尊富士が初日から休場。2日目から横綱・照ノ富士と大関・貴景勝、3日目から高安、7日目には大関・霧島と関脇・若元春が休場し、三役以上9人のうち5人が不在の異常事態となった。高安は9日目から再出場した。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2024年5月20日のニュース