×

デカっ!!2メートル11ウーストハイゼン、秩父宮デビュー 国内チーム史上最長身 ラグビー関東大学AS

[ 2022年7月4日 05:22 ]

<リーグ戦選抜・対抗戦選抜>後半開始前、ピッチ上で円陣を組むリーグ戦選抜のジョアン・ウーストハイゼンら
Photo By スポニチ

 ラグビーの関東大学オールスターゲーム2022が19年度以来3季ぶりに東京・秩父宮ラグビー場で開催され、対抗戦選抜が42―38でリーグ戦選抜を破った。通算成績は対抗戦選抜の5勝3敗。リーグ戦選抜は身長2メートル11で、南アフリカ出身のジュアン・ウーストハイゼン(東洋大1年)が途中出場して34分間プレー。国内チームの所属選手として史上最長身との呼び声高いロックがベールを脱いだ。

 後半開始前にピッチ上で円陣を組む15人の中でも、頭一つ分以上抜けていた。公式戦扱いの春季大会には4試合出場したウーストハイゼンだが、秩父宮登場は初。セットプレーはもちろん、ディフェンスでも献身的なプレーを見せ、「凄く楽しめた。しっかり最後まで仕事ができた」と話した。将来は「今の時点では南アに帰ってプレーしたい」と話したが、まずは今季1部に昇格したばかりの東洋大を1試合でも多く勝利に導く。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2022年7月4日のニュース