橋本聖子会長、小山田圭吾の辞任に「責任は私にある。チェックしていくことができていなかった」

[ 2021年7月20日 18:38 ]

東京五輪・パラリンピック組織委員会の橋本聖子会長
Photo By スポニチ

 東京五輪・パラリンピック組織委員会は20日、都内で記者会見を行った。東京五輪の開会式の楽曲制作を担当していたミュージシャンの小山田圭吾氏が学生時代のいじめ告白問題で引責辞任したことについて、橋本聖子会長は「責任は私にある。しっかりとチェックしていくことができていなかった」と語った。

 また橋本会長は、小山田氏のいじめについて「今回のオリンピック・パラリンピックの柱の多様性と調和、障害の有無、人種、肌の色、差別のない多様性と調和を東京大会で発信しなければいけないというコンセプトからは外れている」と指摘。「今回は心を痛めた方々に対してお詫びしないといけない。適切な早急な対応が遅れたのもお詫びしないといけない。お詫び申し上げながら、いま一度、多様性と調和を根本原則に則って、最善の努力をしたい」と語っていた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年7月20日のニュース